京都振袖ランキング

第1位 京都きもの市場

  • 京都発の、日本最大級のきもの通販サイトです

  • 内閣総理大臣賞最優秀お仕立てでさらに美しいお仕立て

  • インターネットでのきもの通販サイトの先駆け的存在

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

京都きもの市場に対するみんなの口コミ

購入から発送まで、とても迅速な対応をして頂きました。お店の方の対応がとても親切で素敵だと思いました。梱包も文句なしの綺麗...
こちらできものを購入しました。届いて欲しい日にちに間に合うか心配だったので、電話の方で問い合わせをしたところ、丁寧に対応...
何度かこちらできものを購入しています。購入するたびに、とてもきっちりとした店舗だなと感じます。常に丁寧な梱包がなされてい...

コーディネートしてある着物を楽々購入

京都きもの市場は、簡単にそのまま着物一式をネットショッピングで購入することが出来るので、難しい小物の合わせなども、プロがトータルコーディネートしたものをゲットできます。

第2位 創美苑

  • 低価格だからレンタルと比較して選ばれています

  • ファッションモデル制作の最新デザイン振袖が人気

  • 丁寧で迅速、心温まる対応に定評があります

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

創美苑に対するみんなの口コミ

成人式の振袖を探していました。着物は柄や小物など選ばないといけないものが多くて、正直疲れてしまっていましたが、創美苑さん...
サイズの選び方で電話で相談させてもらいました。振袖の事を何も知らない私にひとつずつアドバイスをくれて、その後注文した振袖...
とにかく対応が早いです。急遽小物が必要になった時に利用したのですが、翌日には届いていてびっくりしました。品質も低価格なの...

可愛いも綺麗も振袖なら創美苑におまかせ

シックな定番柄から最新の流行デザインまで振袖の品揃えに自信の通販企業です。正午までの注文なら当日出荷をお約束!迅速に対応します。

第3位 ICHIROYA

  • 安く振袖を手に入れるなら上質な中古品をチェック

  • 汚れや傷の状態を詳細に確認してから購入できるので安心

  • 日本全国送料無料!お値打ちの振袖が見つかる特集も

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

ICHIROYAに対するみんなの口コミ

成人式で着るならアンティークな風合いの振袖と決めていました。ですがどこも今風のデザインばかりですし、好みのものがあっても...
1点ものというのが他にはない魅力です。素敵な薄いピンクの振袖に一目惚れして購入しました。親戚の結婚式に着て行った時も、周...
通販で振袖、しかも中古ということで正直不安はありました。どこにどんな大きさの穴が開いているとか、事前にしっかり確認できた...

美品アンティーク・中古振袖専門通販サイト

中古・リサイクル着物専門の通販会社であるICHIROYAは、丁寧に手入れされた状態の良い着物のみをお届けします。日本全国の着物愛好家から高い評価を得ています。

第4位 京都きもの町振袖館

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

京都の老舗呉服屋が運営する振袖通販サイト

京都きもの町振袖館を運営している会社は京都に本店を構える呉服屋です。着物を通して幸せを届けたいと、レンタルや着付け・販売とトータルで着物ライフをサポートしています。

第5位 和の志

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

和の志を京都からすべての人へお届けします

社名にもなっている「和の志」をすべての人に楽しんでもらいたいという理念で運営しており、京都から全国へ本場の着物をお得に届けています。

花の種類別で着る時期が変わる

成人式

京都に住んでいると、やはり着物を着ている人をよく目にします。筆者もときどき着ることがありますが、実際に着てみると着物というのは日本の風土に合うように作られているのだということを実感します。着物と日本の風土、特に四季とは切り離せない関係があるのです。
柄選びにおいても、やはり四季を取り入れることが大切です。その代表的なものが、着物に描かれた花でしょう。季節にそぐわない花柄を着てしまうと、見る方にちぐはぐな印象を与えてしまいます。着物は季節も含めて楽しむものです。花柄の着物を着るときは、その季節に咲く花を選ぶようにしましょう。
ここで、代表的な季節ごとの花を紹介しておきますね。まずは春からです。春と言えば、桜や梅・桃が有名です。京都の振袖にもよく使われている牡丹も、春の花です。
夏は藤や楓、若竹などの柄を選びます。アジサイ、菖蒲、あやめといった現代だと梅雨時のイメージが強い花も、夏の柄として使えます。
秋といえば紅葉ですよね。紅葉を思わせる柄、銀杏、萩、すすきといった季節感あふれる柄の他に、桔梗・撫子・山茶花といった花柄も着ることができます。
最後に冬ですが、南天や菊、正月のイメージがある松竹梅といっためでたい柄を選ぶのもおすすめですよ。

色無地着物とは

立ち姿

色無地着物とは、黒以外の一色で染められた着物のことです。ちなみに黒で染められた着物は黒喪服と呼ばれる、弔辞で使う着物になります。
色無地は一越縮緬(ひとこしちりめん)や綸子(りんず)が多く用いられます。一越縮緬とは、最も一般的な縮緬のことです。二大産地のひとつである京都の振袖などにもよく使用されていますから、目にする機会も多いのではないでしょうか。綸子は、経糸と緯糸に生糸を用いた繻子組織(しゅすそしき)の絹織物です。柔らかく光沢ある生地が特徴です。
色無地は、紋の数によって格が変わります。五つ紋をつければ礼装になります。ちなみに、三つ紋と一つ紋は準礼装や略礼服として使用できます。紋をつけると茶席や祝いの席だけでなく、地味な色なら法事や通夜などにも使えるようになります。
ちなみに無紋の場合は訪問着として使うのが一般的です。
色無地の着物は使い勝手がよく、一つ紋にしておくと正式な場にも気軽な場にも着ていきやすくなります。カジュアルに着るときは帯を華やかなものにするなど工夫すれば、一気に華やかになりますよ。
着物の通販サイトなどでも必ず取り扱っている着物なので、気軽に購入できて好きな色が選べるのも魅力のひとつです。

着物の格とアレンジについて

振袖

着物には格があり、それぞれに使えるシーンが限られています。例えば結婚式で使われる色打掛は着物の中で最上位である礼装です。ここからは着物の格について少し詳しく知ってみましょう。
着物は大きく分けると四つの格に分類できます。まずは最も格が高く、冠婚葬祭をはじめ儀式など公式の場で使う着物が『礼装』です。正装とも呼ばれます。黒留袖の他、先ほどもお話しした色打掛、五つ紋を付けた黒留袖や色留袖などがこれに当たります。
次に『準礼装』と呼ばれる着物が続きます。三つ紋、一つ紋をつけた色留袖や色無地などに袋帯を合わせた装いのことを指します。
その次が『略礼装』と呼ばれる着物です。一つ紋や陰紋など略式の紋が付いた着物を言いますが、無紋でも訪問着や付け下げ、江戸小紋などは略礼装として使用できます。
最後に、木綿やウールで作られた普段着として使用する着物や浴衣といった、日頃目にする機会の多い着物が最も低い格の着物になります。
場に合った格の着物を選ぶことは大切ですが、無紋の訪問着などはアレンジを利かせて気軽に着用してみるのも良いでしょう。例えば帯をラフなものにしてみる、帯留めなどの小物で遊んでみるなど、着物アレンジの楽しみ方は無限です。振袖の通販サイトなどには、アレンジにピッタリの様々なアイテムが販売されています。着物に興味がある方は振袖の通販サイトなど、着物関係の通販サイトを覗いてみると、きっとアレンジがより楽しくなりますよ。

羽織紐で雰囲気を変えるのも良い

ピンクの振袖

羽織紐とは、羽織の胸元が開いてこないように結ぶ組紐のことです。
最近の羽織には、共布で作られた紐や羽織紐がすでにセットになっていることが多くなっています。逆にアンティークの着物やリサイクル品にはついていないことの方が多いですね。小さな紐ですが、ないと全体が間の抜けた印象になってしまいますから、つけ忘れないように注意しましょう。
ちなみに羽織紐も着物を着るときに楽しみたいおしゃれポイントのひとつ。羽織紐を変えるだけで、全体の印象も変わってきます。着物の色に合わせた色を使うのも良いですし、逆に全く違う色を差し色として使用するのも楽しいですよ。
最近は布製のものだけでなく、手編み紐、トンボ玉を使ったもの、留め具がマグネットになっているタイプ。ビーズや天然石、チェーンを使ったタイプなど、幅広い種類の羽織紐が着物の通販サイト等で販売されています。ちょっとした小物なので、自分で作っても良いですね。
先ほど紹介したように差し色として使うのもおすすめですが、アクセサリーをつける感覚で選んでも楽しめます。何本か用意しておいて、着物に合わせて付け替えるのと美しく見えますよ。
着物に合うように、好きなものを選んでみてくださいね。

▲ ページトップへ